Special
特集
Special

意外と知られていない派遣と紹介の違いとは

雇用契約をどことどう結ぶかはビジネスマンとして大変重要なことです。労働環境や勤務条件など求職者様の希望をどこへ伝えるかが変わります。派遣と紹介・斡旋ではその契約先が異なります。一般的に違いがあまり知られていない、派遣と紹介の違いについて解説します。

希望を聞く男性スタッフ

違いについて

求職者様と求人側とを仲介し繋げていく人材紹介会社について、一般的に、転職エージェントとも呼ばれます。雇用契約は主に勤務先となる会社と結んでいただき、給与もその企業から支払われます。紹介を受けるためにはまず登録会場へ赴き、担当者と面談を行い、求人内容からマッチするものがあれば斡旋、企業側と双方で合致すれば採用、という流れとなります。その後は再び転職活動をしない限り登録先の会社に行くことはありません。
正社員として入社するため、長期間での労働スパンが見込めて、収入が安定しやすいというメリットがあります。

営業先へ向かう営業マン

派遣は雇用期間が様々で不安定な面も

雇用契約は人材派遣会社と締結し、給与も派遣元から支払われます。業務内容に関する指示は全て勤務先から出され、普段常駐する先もその場所となるため、一緒に働く従業員の1メンバーとして、思いを共有しながら仕事に臨むことができます。

時給は基本的に通常のアルバイトよりも高いものが多く、短いスパンで見ると高収入を得られることもあります。ただ、雇用期間を自分で決めることができないため、常に契約が途切れる可能性があるという点で収入面の不安定さは否めません。

求職者様にとって人材派遣と人材紹介の違いはそれほど重要に感じないかもしれません。ただ、働き続けていくと、その職場環境や条件に不満や希望が出てくるのはごくごく自然なことです。その際に、ご自分の雇用契約がどういう状況なのかを把握しておかないと、どこに要望を伝えればよいのかわからないまま辛い現状が続いていきます。それを避けるためにも最低限の知識としてこの違いは頭の片隅に入れておいていただきたいものです。
これからも名古屋市で働きたい方々のお役に立つことが仕事です。お悩みを解消できるよう寄り添ってまいります。